おせちディナーの重箱のがたいは?

おせちディナーといえば「重箱」(お重)が人気ですよね。
各種器物に盛り付けるテクがあり、各家庭によっても器物は異なりますが、いよいよ、重箱に入っているのを見ると豪華なイメージがあるのではないでしょうか。
もちろん、運動会や名勝へのお出掛けのときにも活躍するなど、重箱は身の回りのなかに溶け込んで人気のようです。

気になるのは重箱の体格だ。
「S・M・L」や「小・中頃・大」という表記がありますが、「寸」を使うことも多いようです。
とあるおせちディナーの新聞紙PRには「七寸三段」との記帳があり、お重容量は「(約)21×21×高さ17㎝」となっていました。
おんなじ小物をインターネットで確認した近辺、お重を三段積み重ねにした映像付で紹介されていたため、具体的ながたいが感覚できました。

因みに、その重箱は正方形でしたが、長方形や八角形などもあるため、がたいをきちんと把握していないと、冷凍室や冷蔵室に入るかどうか心配になるかもしれませんね。

なお、一大常連群れの6.5寸は「19.6㎝×19.6㎝」、それよりも二見回りでかい8.5寸は「25.7㎝×25.7㎝」との認証もあります。
また、「1寸=約3.03㎝」になるようですが、おんなじ体格のものでも「㎝記帳」にしたときのがたいは、クリエイターや小物によっても微妙に異なるともいわれています。

このわけもある結果、重箱の体格記帳や計算方法において突っ込んで考えていくとキリがありませんよね。
まさに、冷蔵庫に入らないと困りますが、「重箱の先を楊枝で穿る」のではなく、重箱のがたいをイメージするときの目安にするといったよいのではないでしょうか。

 ディオーネ中央林間店 肌によい脱毛